読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

航空機:戦闘機総合

F-4

歴史に残る機体④ F-4ファントムII 2016.7
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/07/f-4ii.html

 

 

F/A-18 F/A-18E/F

F/A-18E/F海外受注に最後の望みをかけるボーイングは 米国防航空産業基盤の弱体化の例なのか 2015.3.19
http://aviation-space-business.blogspot.com/2015/03/fa-18ef.html

 

ブルーエンジェルスが機材をスーパーホーネットへ更改 2016.7
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/07/blog-post_28.html

 

 

KF-X

Indonesia, South Korea sign up for next phase of KFX programme - IHS Jane's 360 2014.10.06
http://www.janes.com/article/44212/indonesia-south-korea-sign-up-for-next-phase-of-kfx-programme
※韓国とインドネシアが韓国の新戦闘機計画(KFX)の開発契約を締結。韓国の防衛事業庁が発表

 

ボーイングエアバス大韓航空連合が韓国KF-X受注を狙う 2015.1
http://aviation-space-business.blogspot.com/2015/01/kf-x.html
”総費用8.6991兆ウォン(約79億ドル)が財務省から認可されてADDのKF-X開発に目処が着いたといえる。しかし韓国国会は正式開発を認めておらず、来年12月の時点でも見通しは暗い。そこで大韓航空が安上がりな代替案を提出し、DAPAが反応するのを期待する構図だ。”

 

★韓国KF-XはKAI-ロッキード連合が受注へ 2015.4.1
http://aviation-space-business.blogspot.com/2015/04/kf-xkai.html

 

韓国型戦闘機事業に本格着手(1)(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース 2016.1.21
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000040-cnippou-kr

 

 

J-20

J-20戦闘機は手ごわい相手になる予想 スピード、機動性をバランスしたステルス機
http://aviation-space-business.blogspot.com/2014/11/j-20.html

 

Analysis: End of year surge for Chengdu J-20 fighter programme - IHS Jane's 360 2015.1.6
http://www.janes.com/article/47601/analysis-end-of-year-surge-for-chengdu-j-20-fighter-programme

 

 

Mig-25

歴史に残る機体10 MiG-25フォックスバットは巨大な張子の虎、函館空港着陸から40年 2016.9
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/09/10mig-2540.html

 

 

グリペン

今年の軍事航空を振り返る
http://aviation-space-business.blogspot.com/2014/12/blog-post_28.html
”ブラジルがグリペンを選定(10月)
ブラジルはSaabのJAS39E/FグリペンNG36機の導入を10月に決定。納入は2019年から24年にかけてで、最終的に108機規模に増える可能性がある。ブラジルは複座型Fモデルの開発に参加し、自国ミサイルの搭載をめざす。”

 

 

AV-8B ハリアー

 

 

EA-18G

アメリカ海軍、E/A-18Gを三沢基地に展開 青森県は住民への配慮を要請 | FlyTeam ニュース2016.4
http://flyteam.jp/news/article/61836

2016.4から約6ヶ月

 

 

自衛隊のF-X

資料12 中期防衛力整備計画(平成17年度〜平成21年度)について 2004.12
http://web.archive.org/web/20130211124614/http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2006/2006/html/is120000.html
※新戦闘機 7機との記載。

 

各委員会所管事項の動向
-第170回国会(臨時会)における課題等- 2008.9
http://web.archive.org/save/_embed/http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Shiryo/08doukou02.pdf/$File/08doukou02.pdf
P.157
防衛省(当時防衛庁)は、現中期防衛力整備計画(平成 17 年度~平成 21 年度)において、老朽化する戦闘機・F-4EJ改の後継機として新戦闘機(FX)を7機整備することとしており、FXの導入費用を平成 21 年度予算概算要求に盛り込む方針だったが、その機種選定が難航しているため、これを見送った。
現在、FXの候補として名前が挙がっているのは、F-22A(米)、F-15FX(米)、F/A―18/F(米)、F-35JSF(米)、ユーロファイター・タイフーン(欧州共同)、ラファール(仏)の6機種であり、このうち最強といわれているのが、高いステルス性や超音速巡航能力を備えた、現在実用化されている唯一の第5世代戦闘機のF-22Aである。
防衛省は、中国が近年戦闘機の近代化を急速に進めており、東アジアの安全保障情勢が
不安定な状況を踏まえ、F-22Aを最有力候補に、早期にFXを導入したい考えだったが、機種選定に必要なF-22Aの情報を米国より得るに至っていない。これは、最先端技術の移転を懸念するため、米下院が 1998 年度国防予算に、F-22 の輸出禁止条項(オベイ条項)を付加し、現在まで継続されているためである。”

 

 

F-117

★F-117Aナイトホークの全機廃棄処分を米議会が認める方向へ 2016.4
http://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/04/f-117a.html

 

退役して8年たつF-117はネヴァダ上空を飛行して何をしているのか 2016.9
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/09/8f-117.html
※現在も数機が稼動状態で保存されているようだ。

 

 

F-15 

米国の墜落事故受けF15戦闘機の飛行停止 2007.11
http://www.afpbb.com/articles/-/2308063?pid=2319141

 

http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/seisan/sonota/pdf/02/007.pdf
2007.11.2 米軍のF-15Cで事故発生
11.20 航空自衛隊F-15は飛行再開

 

 

その他

 

ユーロファイター、AESAレーダー開発契約を結ぶ【画像】 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/news/article/43108

 

2016年度国防予算案の見どころはこれだ 2015.1.22
http://aviation-space-business.blogspot.com/2015/01/2016.html

”また2016年度予算案ではボーイングF/A-18とEA-18G生産ライン(セントルイス)の閉鎖予定年賀明らかになる。ロッキード・マーティンのフォートワース工場がいよいよ米国唯一の戦闘機生産場所になる日が来る。”

 

エジプト、次期主力戦闘機にダッソー「ラファール」を選定 2015.2.13
http://www.businessnewsline.com/news/201502131034400000.html

 

 

T-50の引き渡しは今年から開始、ただしインドとの対立が高まる2015.2.9
http://aviation-space-business.blogspot.com/2015/02/t-50.html

 

零戦おかえり」 日本の空でテスト飛行に成功 - ITmedia ニュース  2016.1.27
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/27/news125.html

 

歴史に残る機体⑤ 史上最悪の戦闘機リスト 2016.7
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/07/blog-post_10.html