fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

哨戒機

 

※P-1 → http://fsx378.hatenablog.com/entry/20151219_p1

 

P-3C

P-3C 国産1号機の防衛庁への納入式が1982年5月26日に川崎重工で行われた。
1機約100億円。同27日に同社を出発し、神奈川県厚木基地の第51航空隊に配属された。(ディフェンス 1982-08)

 

大雪で屋根陥没の日飛格納庫でのP-3Cの損壊、防衛装備庁が損害請求 2016.4
http://flyteam.jp/news/article/62821

 

 

P-8

★米海軍がP-8をシンガポールから運用する意味 2016.6
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/06/p-8.html
”P-8には対潜戦(ASW)能力もあり、浮上式ソナー(ソノブイ)を投では1960年代のP-3Cオライオンと比較すると二倍以上を投下できる。誘導式魚雷も運用する。現時点でソナー信号のプロセッサはP-3と同型式だが今後アップグレードし性能を引き上げ潜水艦探知能力は向上する。また水上艦探知能力も向上しており、ハープーンミサイルで攻撃も可能だ。
さらにP-8は高性能電子センサー類が搭載できるとクラークは指摘する。レーダー基地の位置を突き止め、無線交信を傍受すると、従来のEP-3の性能をしのぐ。中国がEP-3を海南島沖合で迎撃して戦闘機と空中衝突したことがあったが、EP-8としてシンガポールから飛来するのを中国が気持ちよく思うはずがない。
P-3やEP-3がシンガポールから飛来しても中国はここまで憂慮しないだろう。プロペラ推進の両機は空中給油を受けられないが、P-8は可能だ。速度と飛行距離からP-8は広い地域をカバーでき迅速に行動できる。高性能センサー類がすべてを探知できる。また新型機のため整備時間は短くその分飛行時間を多く確保できるのだ。”
オートパイロットあり。P-3にもあったがいまいちだった。
搭載器材がデジタル化されたのでP-3より場所を取らなくなった。
”P-3では乗り心地が悪く乗員がよく嘔吐する悪評があった。”

 

 

その他

 

[文谷数重]【太平洋で日本海軍力に対抗できぬ中国】~哨戒機が登場しなかった軍事パレード~ 2015.9.5 http://japan-indepth.jp/?p=21489