読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

農業・漁業等食料生産

http://web.archive.org/web/20130625004758/http://sorceress.raindrop.jp/blog/2004/12/

" ところで、日本が輸入している原油の1日分は、大型タンカー2隻分だといいます。  このうち農林水産業のためだけに使われるのは6%強らしいですが、じつは、ただでさえ低い日本の食糧自給率も、この内外の石油流通がストップしないことが、大前提条件になっているんですね。したがいまして有事には一瞬ですがほぼゼロになるでしょう。  農水省は、原油が確保できていたとしても、日本の今の農地面積だけで収穫できる食糧は、国民1人あたり2000カロリーにしかならない、と10年くらい前に試算しています。餓死者は出ないが、重労働も無理で、肥満者は一人もいなくなるという感じでしょうか。人口が半分になれば4000カロリーですから、肥満者復活ですね。そうなる時代は遠くなさそうです。
 ある先生がどこかでこんなことをお書きになっていました。──自由貿易の建前ありと雖も、どこの国でも有事を考慮して自給レベルを遥かに上回る農産物を自国農民に補助金を出して生産させているのだ。そして平時はそれを補助金をつけて他国に売りさばかせることによって「バッファー」にしているのだ──と。これをやっていない日本や韓国のような国は、自分で自分の立場、交渉力を弱くしているわけです。円がドルよりも脆いのも、パワー・エリートがこんな基本にも気付かないというところが他国のエリートからはマイナス評価されているのです。"

 

 

世界初の人工肉バーガーの味は? ロンドンで試食会 2013.8.6
http://web.archive.org/web/20140315162433/http://www.cnn.co.jp/fringe/35035597.html

 

2017年、合成牛乳が市場に出るかもしれない:新しいヴィーガン 2015.1
http://wired.jp/2015/01/02/new-veganism/

 

完全栄養代替食「ソイレント」が大人気、生産を50倍に  2015.1.21
http://wired.jp/2015/01/21/soylent-funding/

 

 

「魚の養殖」が増えるほど、天然魚が減る矛盾 消費者だけが知らない農業工業化の暗部(2) 2015.3.3
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82827310V00C15A2000000/

” トラウトやサーモンのような養殖魚を1トン生産するのに、小魚を3トンから5トン必要とする。しかし天然魚は、枯渇の危機に瀕している。(中略)世界で水揚げされる魚の23パーセントは浮魚(海面近くを群れで回遊する小魚)で、それらは養殖魚の餌や魚油になる。言い換えれば、世界の漁獲高の約5分の1が、ほかの魚の餌として浪費されていることになる。(『ファーマゲドン』より抜粋)”

 

 

食料輸入止まっても、イモ中心なら供給可能 農水省指標 - 朝日新聞デジタル  2015.3.18
http://www.asahi.com/articles/ASH3K5RM8H3KULZU00F.html

" カロリーベースの食料自給率目標は50%から45%に下げる。民主党政権だった10年に目標を45%から50%に上げ、コメの生産調整を守った農家などに3年間で約1兆6千億円をかけたが、実際の自給率は13年度まで4年続けて39%と低迷し、目標を見直した。"

 

 

ベトナムに武器を売ってもいいが、投資をするのはヤバい。その理由を、『新潮45』の4月号に書いているので、関心ある人はお読みください。 2015.3.19
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/03/#001470

” 農水省がコメではなくイモを作付けすることで、ある程度の有事カロリー自給を考えよう、と、政策転換した。しかし『兵頭二十八の農業安保論』でも説いたように、日本の近未来の有事とは、LNGは入ってきても、原油は入ってこなくなる(なぜならホルムズ海峡とマラッカ海峡が機雷で閉塞するから)、という事態なのである。
 日本のトラクターが電動式になっているならばいざしらず、軽油や灯油で運転される農機はすべて動かせなくなる。収穫品を配送するトラックだって動かす余裕がなくなるだろう。肥料だって一気に値段が何倍にもなる。それらを前提としない皮算用は、すべて夢遊病の世界のできごとだ。”

 

 

救荒植物改良のための荒地基礎観察 2015年度報告 2015.11
http://sorceress.raindrop.jp/siryou/hana20151114/hana20151114.htm

 

 

 人工知能とレタス:食糧危機から人類を救うのはAIかもしれない|WIRED.jp 2016.6
http://wired.jp/2016/06/16/future-humanitys-food-supply/

 

 

どこにも取り上げられない捕鯨協会 2016.6
http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-1653.html

 

 ナタネ油粕のバイオマス燃料化及びその燃焼灰からの高濃度リン酸資源活用技術
https://shingi.jst.go.jp/past_abst/abst/p/10/1033/kitatohoku5.pdf

 

完全食:ソイレントの夢 « WIRED.jp
http://wired.jp/special/2016/soylent/