fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

通信・暗号・航法

 

航法装置

【MEMS 2013】民生品よりずっと高精度にできるジャイロ、米大学が発表 2013.1
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/EVENT/20130124/261871/
"一方,究極のハイエンド品はESG(electrically-suspended gyroscope)であり,米Rockwell International社などによって1970年代に原子力潜水艦のナビゲーション用に開発されました。原子力潜水艦は数カ月も潜ったまま航行できなくてはなりませんから,超高精度のジャイロを必要とします。ESGは直径1cmのBeの球体を静電力で空中に浮かし,15万rpmで回転させています。Beの球体は真球に近い程よいのですが,高速回転させると遠心力で楕円状に歪みますから,回転させたときに真球になるように少し楕円状に加工しておきます。さらに,それが本当に真球ですと回転させられませんから,内部にTa線を埋め込んで,重心を0.38μmだけオフセットさせてあります。"

 

【レポート】日立や東芝が開発を担当 英国軍の衛星が不要な位置測定システム 2014.5
http://jp.autoblog.com/2014/05/20/british-military-gps-navigation-quantum-compass/

 

日本最後のロランC局が閉鎖 2015.2
http://web.archive.org/web/20160715134158/http://blog.canpan.info/kaiho-shinbun/archive/172

 

GPS

GPS妨害電波 北朝鮮が韓国に向け発信か  2016.4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160401/k10010463911000.html
 

トランプ訪日でGPSが狂った!? まさかの理由で自動運転の問題点が浮き彫りに 2017.11
http://autoc-one.jp/nissan/skyline/special-5000783/
"筆者は欧米で開催されるGNSSの国際的な技術会議などを取材しているが、近年になりGPSの世代交代が進む中、GPSのミリタリーコードと呼ばれる民間企業にとって”アンタッチャブル”な技術領域が増えていることが明らかになっている。その点について、民間企業側から「電波の技術を、より詳細に公開してほしい」という質問が出ると、空軍の制服組が「ご承知置きかと思うが、GPSは軍需目的の衛星の一部を無償で民生向けに開放している。有事の際など、我々がGPSから送信する電波の一部に制限をかけることは十分にあり得ることを、再認識して頂きたい」と明言している。"

 

 

データリンク

新刊を勝手にご紹介します 2005.1.5
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2005/01/

” 先日の上京で大盛堂で買ってきた本の中の一冊をようやく読み終わりました。松村昌廣氏著『軍事情報戦略と日米同盟』(04-12)。著者は1963生まれ。
 以下、内容摘録、および所感のメモです。※印がついているところは、まるっきり兵頭の思い込みです。他も、文責は兵頭です。(以下略)”
※リンク16、リンク11の話が多そう

 

リンク22
http://web.archive.org/web/20130903011031/http://www.northropgrumman.com/Capabilities/DataLinkProcessingAndManagement/Documents/NG_278-A007-Link22_Guidebook.pdf

 

その他

第五第四世代機混合運用を想定すると機体間の通信方法の確立が真剣な問題になる 2014.7.21
http://aviation-space-business.blogspot.com/2014/07/blog-post_21.html
※タロン・ヘイト Talon hate , MAPS