fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

エネルギー:原子力発電及び関連

 

高温ガス炉

高温ガス炉実用化へ-産学官の27社・機関が初会合、年内めどに戦略まとめる:日刊工業新聞2015.4.29
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150429eaag.html

 

中国:高温ガス炉の実証炉建設で原子炉容器がサイトに到着 2016.3
http://www.jaif.or.jp/160317-b/

 

 原研、実験プラントで水素の連続生産に成功 2016.3
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG18H2S_Q6A320C1TJM000/

 

<高温ガス炉試験炉>18年3月に再稼働計画 - BIGLOBEニュース  2016.6
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0614/mai_160614_8513125546.html

 

 高温ガス炉開発、英国などと提携 /茨城
https://mainichi.jp/articles/20170520/ddl/k08/040/197000c
2017年05月20日
" 日本原子力研究開発機構は19日、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」について、ポーランドの研究機関と英国企業のそれぞれと技術協力の覚書を締結したと発表した。"

 

 

福島第一原発

エコーニュース – 日本政府にない福島第1事故の議事録、米国が保有 アメリカ情報公開法で公開 2013.11
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-criss-proceedings

 

 

福島第一原子力発電所は原子炉の核分裂反応は停止させている。
しかし原子炉停止後の冷却ができなかった。原子炉内の物質(放射性物質)の崩壊熱を冷却することが出来ず、炉心溶融が発生した。チェルノブイリ事故とは本質的に異なる。
ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器> p.80

 

 

 その他

 

 http://web.archive.org/web/20130624221134/http://sorceress.raindrop.jp/blog/2011/07/

” 皆様よくご承知のとおり、わたくしは例の田母神氏騒動いらい、「日本人には核武装など到底無理であった」という見解に立っておりますが、3-11震災とその後の経緯は、この確信をいよいよ深めさせるだけでした。
 米国型軽水炉は、巡航ミサイル(弾道ミサイルは当たりません)で攻撃された場合に、そのまま「沃素131」の放出源になってしまい、政府は周辺80km圏内の全住民に即座に最低2ヶ月間の退避勧告をするしかなくなります(即座でなければ意味がないので、今次の日本政府の対応は大間違いでした。また漏出が止まったと確認されてから2ヵ月後には退避勧告は解除できます)。
 これは日本国内の原発だけでなく、韓国やシナの原発についてもそっくり同じことが言えます。ルール無用の国ばかりがひしめく極東では、核戦争と通常戦争の中間に、原発(の建屋/燃料取扱棟)を破壊し合う戦争(いちおう国際法で禁止)があり得るのです。
 韓国軍やシナ軍や台湾軍の軍艦から発射される各種の巡航ミサイル(対艦ミサイル)の一部は、新潟沖から発射して、太平洋岸にある福島第二原発の建屋に命中させることもできます(北鮮にはそれほどの巡航ミサイルがありませんが、短射程の対艦ミサイルによって裏日本の原発を攻撃可能です)。その建屋内の貯蔵プールの冷却機能が麻痺すれば、そこから「沃素131」が大気中に漏出します。
 複数の原発巡航ミサイルもしくは対艦ミサイルで攻撃され、そのうち1箇所からでも「沃素131」が漏出すれば、被害原発の「80km圏退避」が政府によって勧告されようがされまいが、その国は少なくも2ヶ月間にわたり大混乱し、経済と行政が麻痺してしまうでしょう。
 3-11以来、世界の安全保障政策担当者は、この事態を想定しなくてはならなくなりました。隣国の軍隊がいきなり巡航ミサイルを発射する事態をあまり恐れなくてよい西欧ならばともかく、極東では、もはや原発は、国家安全保障の資産ではなくて、負債になったのです。”

 

 

ロシア当局がウクライナに警告、旧ソ連製原子炉での米国製核燃料の使用は危険 2015.01.01
http://www.businessnewsline.com/news/201501012340210000.html

 

 

インドが『蒼龍』級6隻の購入を希望。ASBの次のコンセプト名は「ジャムジーシー(JAM-GC)」=国際公海でのアクセスと活動自在の統合コンセプト だと。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/01/#a001458

” ストラテジーペイジの2015-1-29記事「Some Poles Do Not Want To Bomb Moscow」によると、ポーランド軍はドイツ製の潜水艦を買うことをほぼ決めているが、ポーランドの政治家の中には、フランス製の潜水艦を、フランス製の巡航ミサイルとパッケージで買いたいと夢想している者がいるのだと。
(略)
 ところが仏には良い武器がある。巡航ミサイルだ。空対地のストームシャドウを2011に水中用に改造したものである。射程1000km。
 フランスは巡航ミサイルについてはメーカーからの直販は許さない。国家が国家に供給する。
 陸上ではポーランドとモスクワの間には緩衝国のベラルーシがある。しかしバルト海からなら、直接にモスクワを狙える。
 1隻から18発の巡航ミサイルを発射してロシアの発電所を攻撃することもできる。
 ※わたしが過去複数の著述の中で警告した事態:「原発外郭に建つ燃料プール棟を精密兵器で攻撃することで、敵国内をフクシマ化できる」が、真剣に検討されているのである。これに備えるためには、すべての原発をフラックタワーで防禦する必要がある。それを「想定」し「対策提案」できないような日本の「原子力村」に、原発運営の資格などは無い。”

 

 

米「新規原発」が苦悩する、建設遅延と大幅な予算超過 2015.2.9
http://wired.jp/2015/02/09/further-delays-strike-us-nuclear-plant-construction/

 

 

『こんなに弱い中国人民解放軍』は、もう書店で売られてます! 2015.03.24
” 「NASA Running Out of Nuclear Fuel For Batteries」という2015-3-23の記事。

 NASAボイジャーのような宇宙探査機に搭載するアイソトープ電池に使うプルトニウム238の在庫が尽きた。不拡散政策で、厳重にとりしまった結果だ。
 Pu-238は、核兵器製造工程で生み出される副産物。熱をもっている。
 グレードの高いものは、MMRTG=多目的放射性同位体熱発電機 の燃料となる。
 そしてNASAは、その効率を4倍に向上させたASRG=改善スターリングエンジン放射性同位体熱発電機 も計画していた。
 だが予算圧縮のため、2014にその計画は潰された。

 燃費の悪いアイソトープ発電機と、あと3個分くらいのPu238燃料しかないのだ。次の宇宙探査機は、どうすりゃいいんだ?

 ※発熱し続ける原発廃棄物を「スターリング機関」の熱源とすれば、そこから電力を回収できるってことですよね。どうして日本ではその研究をしないんですか?”

 

NuScale: 次世代モジュラー式原子炉のフルスケールモデルの製造が完了 2015.4.1
http://www.businessnewsline.com/news/201504010227270000.html

 

 

遅かったな、ドローン…… 2015.4.22
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/04/#001474
” 以下、私言。反日極左原発を止めようとおもったら、無炸填の迫撃弾に導電性ファイバーを長くむすびつけたものを、無人発射装置を使って山の中から発射し、高圧送電線を短絡させるだけでいい。「フランクリンの凧」を使っても同じ結果になる。テロ攻撃には、無人機などむしろ迂遠なのである。だが警備側には、ドローンは重宝だろう。将来、日本の山の中の送電線の監視には、UAVが使われるだろう。「パワーレンジャー」だね。”

 

 

核燃料サイクルの現状と課題
―再処理・プルサーマルをめぐる問題を中心に― 2015.12
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_9578218_po_077903.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

 

 

 ドキュメンタリー『パンドラの約束』(2013年制作)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv255417793
死亡率という面で言えば原子力は一番少ない。
米国の原発では一人も死者は出ていない。
放射線は単位が色々あり、一般人にはわかりにくい
高度が上がると放射線量は増える
ロサンゼルス 0.09マイクロシーベルト
パリ 0.10
オックスフォード 0.12
ニューヨーク 0.13
東京 0.14
キエフ 0.17
リオデジャネイロ 0.25
ニューハンプシャー州 0.30
太平洋上の航空機 2.20
ブラジル グァラバリ 30.81
チェルノブイリの教会 0.2
チェルノブイリ原発 3.74
調査によるとチェルノブイリでは奇形児は生まれていない
一体型高速炉(IFR)しかし計画は停止
フランスは80%が原子力
ビル・ゲイツが投資している進行波炉
米国がロシアから核弾頭を買って原発の燃料に使っている?

 

 

チェルノブイリ原発、巨大な新シェルター公開 ウクライナ Chernobyl's new arch constructor releases timelapse footage 2016.11
https://www.youtube.com/watch?v=hDawYXcXCcw
"ウクライナ政府は29日、1986年に事故を起こしたチェルノブイリ(Chernobyl)原子力発電所4号機を覆う、世界最大の移動式金属製ドームを公開した。今後何世代にもわたって、欧州の人々の安全を守るシェルターとなる。

 この巨大なアーチ型の構造物は高さ108メートルで、米ニューヨーク(New York)の自由の女神像(Statue of Liberty)より高く、重さは3万6000トンと、フランス・パリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)の3倍に相当する。"

 

「常陽」新規制対応4億円 東海再処理施設70億円
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14824161247998
2016年12月23日
"高温工学試験研究炉「HTTR」(大洗町成田町)による高温ガス炉研究には前年度と同額の12億7300万円が、それぞれ計上された。"