fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

書籍

イラストレイテッド・ガイド9 現代の対潜作戦
デビッド・ミラー 石橋孝夫訳
1989年2月
ホビージャパン

対潜作戦に使用する兵器の解説。
水上艦艇、原子力潜水艦、在来型潜水艦、固定翼機、対潜ヘリコプター、対潜兵装システム等。
AN/SSQ-517 米海軍のソノブイ
P-2J ジュリー/ジェゼベル音響装置 AN/ARR-52A(V)ソノブイ受信機 HSQ-101磁気探知装置(MAD) APS-80(J)捜索レーダー

 


 

宇宙の戦士

https://web.archive.org/web/20160506062854/http://sorceress.raindrop.jp/blog/2005/06/

"ハインラインは、艦隊と海兵隊についてつぶさに見聞していたはずですが、あえて『スターシップ・トゥルーパーズ』は未来の海兵隊員とはせずに、未来の陸軍空挺隊員ということにして物語を綴っています。海兵隊空挺部隊は立体戦時代となる将来には別組織にしている意味はなくなるだろうという洞察が働いていたのでしょう。このくらいの想像力の無い人にはおそらくRMAも推進できますまい。日本のSF小説の弱さは、自衛隊の未来の弱さでもあるのです。
 さてげんざい日本で自衛隊に志願するには年齢制限があり、たぶん25歳を過ぎますとよほどの特殊技能がなければ「国軍とはこういう世界なのか」との納得体験をするチャンスは去ります。しかしこの小説は、主人公を一兵卒から下士官下士官から下級士官(少尉)へ徐々に昇進させることで、軍隊の擬似見学をさせてくれるのです。入隊の時期を逃した民間人どもは必読です。"