読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

海上交通、陸上交通、地理、物流

 

パナマ運河を超えるニカラグア運河、まもなく着工予定
http://wired.jp/2014/07/27/new-canal/

 


 温暖化で仁義なき海に…北極海と日本の戦略 2016.5
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160502-OYT8T50181.html
北極海航路の沿岸国であるロシアは、国際海洋法条約234条を根拠に、ロシア独自の規定を設け、北極海航路を通る船舶に対して様々な条件を課している。ロシアの規定では、北極海航路を通航する船舶はロシアへ事前申請を行い、航行許可を受けなければならない。その際、申請した船舶のアイスクラス(※注)と海氷の状況に応じて、砕氷船によるエスコートが義務付けられる場合がある。その費用は当然、輸送費に組み込まれ、コストを押し上げる要因になる。

 一般の商船による北極海航路の通航実績を見てみよう。10年の4隻から13年には71隻まで順調に増えていたが、原油価格が低下し始めた14年には61隻と減少に転じた。コスト削減が思ったほどではなかったことが一因だろう。

 (※注)アイスクラスとは、船体補強、設備・装備などが一定基準に達している船に対し、その砕氷性能または耐氷性能を証明する公的な等級のこと。”