読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fsx378’s memo

単なるメモ書きです。軍事、特に空がメイン。軍事からちょっと離れたものもあります。 ※古い記事のリンクも紛れ込むことがあります。※記事が消えている場合はURLが移動しています。ブログ下のブログ内検索をご利用ください。

エネルギー:液体燃料:ユーグレナ


ミドリムシ原料の軽油開発急ピッチ ユーグレナいすゞが共同研究 (1/4ページ) 2014.7
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140721/bsa1407210500002-n1.htm
"藻の一種で、自ら動きながら光合成を行う単細胞生物ミドリムシを原料に新たな燃料を開発する。現状のバイオディーゼル燃料は全体の5%までしか軽油に混ぜられないが、それを100%に高め、石油の使用をゼロにするという野心的目標を掲げる。"
"軽油は日本国内だけで年間約4000万キロリットルと膨大な量が消費されている。これが一部置き換わるだけで、食品や化粧品とは桁違いの収益が見込める。

 同社はほかにも、航空機向けバイオジェット燃料をJX日鉱日石エネルギーなどと開発中で18年の技術確立、20年の事業化を目指している。"

 

ミドリムシで空を飛ぶ…国内初の航空機向けバイオ燃料精製プラントを建造へ : ギズモード・ジャパン 2015.2.24
http://www.gizmodo.jp/2015/02/post_16589.html

 

ミドリムシで空を飛ぶ「国産バイオ燃料計画」、製造プラント建設で2020年に実現へ (1/3) 2015.12
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1512/02/news021.html

 

ミドリムシの栄養価はまるでドラゴンボールの「仙豆」|理系に学ぶ。|ダイヤモンド・オンライン 2016.5
http://diamond.jp/articles/-/89472
大学生の時、世界最貧国と言われていたバングラデシュへ。しかし3食ちゃんとカレーライスが出て、食料には困っていなかった。しかし米以外のものを食べないので筋力を作れない。
植物性と動物性の両方の栄養素を持った生物は地球上でミドリムシだけ。
とにかく大量培養が難しかった。
日本中のミドリムシ研究者を訪ね歩いて気づいたのは、各人の「失敗」を共有する場がない。みんな似たようなミスをしていた。
これまで大量培養の方法は天敵(バクテリア)を入れない蚊帳方式。そこで「蚊取り線香方式」を考えた。詳細は企業秘密。
5億年前は二酸化炭素の濃度は今の250倍。今の植物なら枯れる。
大量の二酸化炭素を投入し、天敵のバクテリアを駆逐する、というのが第二のブレークスルー。
海外の人は手が大きいのでダメ。”冗談に聞こえるかもしれないですけど、マイクロマニピュレーターという顕微鏡でミドリムシを操作する細かい作業は、世界中で日本人しかできないんですよ。”
日本人には菌を活かす文化があるが、欧米では菌を退治する学問しか進まない。


食品や化粧品や医療品にも広がるミドリムシは飛行機も飛ばす|理系に学ぶ。|ダイヤモンド・オンライン 2016.5
http://diamond.jp/articles/-/89475
ミドリムシの培養は、日当たりさえあれば、プールを設置するだけでどこでも可能。
今世紀中には全世界でミドリムシの給食で栄養失調がなくなるようにしたい。
ミドリムシの学術名が「ユーグレナ」。
2018年にバイオジェット燃料での初飛行を予定。
ミドリムシ燃料を使ったバスの試験運行は既に始まっている。
ミドリムシのジェット燃料はまだ石油由来の燃料の数倍のコスト。
既存の石油は長期的には採掘コストが上昇するのでいつかは差はなくなるだろう。

 

ユーグレナが「平成28年度微細藻類燃料生産実証事業費補助金」に補助事業者として選定 2016.5
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201605160532

 

 油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功 2016.5
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160523/

ミドリムシ燃料、油脂量40%アップの品種改良に成功 (1/2) 2016.5
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1605/30/news079.html 

 

ユーグレナ、燃料製造施設の着工1年延期 2016.8
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12HNF_S6A810C1TI5000/

"■ユーグレナ 12日、藻から作る航空機燃料の製造実証プラントの着工を1年延期すると発表した。当初は今夏に着工して2018年前半の稼働を予定したが、それぞれ1年遅らせる。環境負荷軽減につながる次世代燃料のため、航空機用として必要な検証作業に時間がかかっているため。20年に実用化する計画は変えない。"

 

国内最大の燃料用の“藻”工場建設、培養プールを三重県多気町に 2016.9
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1609/06/news038.html
"木質バイオマス発電所より排出される排ガス、排水や排熱などを微細藻類の培養に必要な二酸化炭素源やエネルギーとして用いることで、バイオ燃料向け微細藻類生産の低コスト化を実現する狙いである。実証は2016年10月から開始し、培養プールは規模拡大などを順次行い、2018年には総面積3000平方メートル以上の国内最大級の燃料用微細藻類培養プールとする計画である。建設施設名は「藻類エネルギー研究所」とし、実証期間は2016年10月1日~2019年3月31日としている。"

 

ユーグレナは詐欺か? 2016.9
http://openblog.seesaa.net/article/442162848.html
航空用バイオ燃料について)
"2011年には、「2018年に実用化」と夢を吹聴していた。なのに、昨年と今年には「2020年に実用化」と語っている。目標がかなり先延ばしとなっている。"
現時点でコストが10倍で、5年でこれを10分の1になんてできるはずもない。
生産後にミドリムシを水分と分離するのが一番の難題。

 

 ユーグレナが連日の新安値、「売り」推奨レポートで売り優勢に 2017.1.19
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/154444
" ウェル・インベストメンツ・リサーチが19日付で、同社株の売りを推奨するリポート「ガス欠寸前の単細胞」を発表したことが売り材料となった。同リポートでは、「藻類由来バイオ燃料が競争優位性を持つことは2020年以前には起こりえない」「燃料生産用途の実証設備の稼働は計画遅延を起こしており、収益源であるヘルスケア事業も今後の成長余地が限られている」などとしている。"

 

国産バイオ燃料計画が前進、58億円のプラント建設計画に道筋 2017.2.14
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/14/news028.html
" ユーグレナをはじめとする国内企業連合が進める「国産バイオ燃料計画」が前進した。ユーグレナはと千代田化工建設は、横浜市の京浜臨海部におけるバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの建設工事等請負契約を2017年2月10日に締結。2019年前半に予定しているバイオジェット・ディーゼル燃料の生産開始に向け、2017年6月からプラント建設工事がスタートする。"