fsx378’s memo

単なるメモ書きです。安全保障がメインですが、それと離れたものもあるかもしれません。2ちゃんねるのまとめはありません。記事には後から追記することがあります。※2018.5より縮小整理中です。

エネルギー:省エネルギー

 

貼るだけで窓を簡単に二重化、年間32.4%の電力コスト削減に (2/2) 2016.1
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1601/29/news048_2.html

 

貼るだけで窓が年間1400kWh発電、横浜のビール工場で導入 (1/2) 2016.5
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1605/09/news035.html
”AGC旭硝子の「アトッチ」は、窓の省エネ対策に向けた製品として開発された製品で、1枚ガラスの窓に後からガラスを貼りつけて複層ガラスにし、窓の省エネ性能を高められるというユニークな製品だ。2012年の販売以降、窓の省エネ改修手法として採用数を伸ばしており、間もなく累計導入面積が2万平方メートルを突破するという(図1)。”

 

太陽光だけで料理ができる、燃料不要のクリーン調理器具 2016.5
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1605/24/news019.html
"食材を入れた真空管チューブを、太陽光を集光する独自形状のリフレクターで包むようにすることで調理を行う仕組みだ。"

 

住宅電力を丸ごとバックアップ、12kWhの大容量ハイブリッド蓄電池 2016.6
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1606/07/news034.html

 

太陽光と風力で発電する街路灯、静粛性を高め都市部でも使いやすく 2016.8
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1608/02/news037.html

 

電気自動車は石油消費を減らせない? 2017.11
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/082400125/112200007/?n_cid=nbptec_twbn_t
" 再生可能エネルギーの導入が急速に進んでいる。とはいえ、世界のエネルギー供給の8割は依然として石油、天然ガス、石炭といった化石燃料に依存している。自動車用燃料に至ってはほぼ100%が石油である。そして、化石燃料の中で最も早くに供給懸念が出てきそうな(既に出始めている)のが石油であり、石油への依存を少しでも減らしたいと考えるのは国家戦略としては当然だろう。"
"多くのEVで採用されているリチウムイオン電池の1kWh当たりコストは、この10年間でざっくり4分の1になった。だが、同様に次の10年でさらに4分の1(トータルで16分の1)に低減できるという保証はない。むしろ、蓄電池に使うリチウムやコバルトといった資源は高騰し始めており、コスト低減には逆風も吹き始めている。"
IEAの年次報告書「世界エネルギー展望」では、2040年にEVは2億8000万台まで増加、日量250マンバレルの石油消費の削減効果があるとしている。しかしこれだと日量9200マンバレルという現在の世界の石油消費の3%以下。

 

“スポンジ”が透明に 京大発ベンチャーが開発した「窓用断熱材」がすごい 2017.11
http://www.sankei.com/premium/news/171126/prm1711260005-n1.html
" 京都大学発の素材開発ベンチャー、ティエムファクトリ(東京都江東区)は、透明性が高い窓用断熱材を工業材料化する事業を本格的に始めた。京大との共同研究で、軽量で断熱性が極めて高い「エアロゲル」と呼ぶスポンジ状の発泡体を透明化。板状にして窓の断熱材として活用する。断熱材の名称は「SUFA(スーファ)」で、透明な窓にサンドイッチのように挟むだけで従来の断熱材をはるかにしのぐ効果が得られるという。"